青年のアイデアが社会を変えるプロジェクトを生み出す!

2月10日、YSP秋田連合会主催で「提言AKITA」というイベントが開催されました。今後のYSPの活動を企画する上で参考となる取り組みでしたので、紹介します。秋田の発展に貢献するプロジェクトを立案することをテーマに青年2チーム、高校生1チームがプレゼンテーションを行いました。若者による秋田の未来を考えての提言に審査員の大学教授、市議会議員、初めて参加した多くの学生、青年も感動していました。 …

続きを読む

走り抜く勇気と力をくれた息子の存在

1962年、アメリカで産まれたリック・ホイトは、脳性小児麻痺と診断され、首しか動かせず、声も出せない状態でした。そんな息子のため、父ディックは息子が11歳の時に首を動かすだけで文字を入力することのできるコンピューターを用意しました。ある日リックは、そのコンピューターを使って両親に「チャリティーマラソンに参加したい」という意志を伝えました。しかし、自力で体を動かすことのできないリックは、当然一人で…

続きを読む

新千円札のモデル、北里柴三郎が抱いた志

(写真出典:北里研究所のウェブサイト)4月9日、政府が発表した紙幣刷新のニュースはまさに青天のへきれきでした。今回のコラムでは新紙幣(一万円、五千円、千円)のうち、最もよく使われる千円札の肖像画に用いられる北里柴三郎(1853-1931)について触れたいと思います。幕末から明治期、世界で活躍する日本人たちが多く登場しますが北里柴三郎もその一人。北里柴三郎は「日本近代医学の父」と呼ばれ、日本が誇る…

続きを読む